トップページ > FXの取引スタイルを知る! > 不労所得を実現する手段としてFXは「アリ」か「ナシ」か?

不労所得を実現する手段としてFXは「アリ」か「ナシ」か?

不労所得を実現する手段には

ペアリング 刻印 シルバーペアリング ダイヤモンド カップル送料無料ケース付のペアリング silver レディース メンズ 誕生日 プレゼント ペア 指輪 ジュエリー ギフト セット【】【_名入れ】0113_flashTHE KISS ザ キッス シルバー ペア ネックレス 【あなたは私の運命の人】SPD6028DM【送料無料】 ペアリングなら ザキス【送料無料】ジュエリー・アクセサリー 男女兼用アクセサリー ネックレス・ペンダント1445ミリブラック shape cultured パールネックレス【送料無料】ジュエリー・アクセサリー 男女兼用アクセサリー ネックレス・ペンダントジュエリー lproy pasatiko タイシャムリッチピーター Grimm's Colt ウエスタン Straw Coyboy ハット, ナチュラル (海外取寄せ品)LARA Christie*ララクリスティー ホープ リング [ BLACK Label ]アトリエ染花 コサージュ 春の花 チューリップ/アザミ at-lu- 【楽ギフ_包装選択】|ダイヤモンド ピアス 一粒 1カラット プラチナ Pt900 1ct ダイヤ 大粒 ダイヤピアス 鑑別カード付き2017SSPhilippe Audibertフィリップ オーディベールツイストバングルK18WGダイヤ/アクアマリン リング10P18Jun16【送料無料】ハート ブレスレット ピンクトルマリン イエローゴールドk18 10月誕生石 アルファベット イニシャル レディース 18金 贈り物 誕生日プレゼント ギフト【送料無料】ルビーインゾイサイト・スフィア(丸玉/ボール)7【】【532P15May16】sbr25-001 Royal Stag ZEST(ロイヤル・スタッグ・ゼスト) 天然石数珠ブレスレット・パワーストーンブレスレット メンズ【送料込/送料無料】ジョーダン 靴 シューズ サンダル ユニセクシャル ブラック Jordan Jordan Retro 12 Hydro - Boys' Grade School - Black / Cardinal【送料無料】ジュエリー・アクセサリー ブレスレット シルバーコレクションパドロックブレスレットbracelet pour femme en argent 925 de 55 g orn dune breloque en cadenas par la olivia collectionRI-1042【UZU】シルバー925 リング オニキス 鏡面仕上げ【送料無料】【UcateK】【コーティング対応】【エントリーでポイント29倍】(8/2(水)9:59まで)【送料無料】K18/K14 リング フィンガートリップ モダンエレガンス 極細リング 18金 14金【D】K10イエローゴールド 天然ダイヤリング 指輪 ダイヤ0.05ct 8.5号 アンティーク調 フラワーモチーフ(同梱・代引不可)フリストリング/指輪/GIGOR/ジゴロウ■ 【FATE~フェイト~】ローズクォーツ 水晶 恋愛運 パワーストーン ブレスレット [天然石][パワーストーン]

、、実に様々な方法がありますが、その中でも「FX」は果たして不労所得を実現する手段として、「アリ」か「ナシ」か?ということは気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は不労所得を得るという視点で「FX」について考えてみたいと思います。

見出しとなる表は下記の通りです。

 目的や注意点
1期待できる利回り
2手間や時間
3運用コスト
4信託保全
5元本消失リスク
6取引の決済期限

早速、見ていきましょう。

1.利回りを期待できるかどうか?

不労所得という視点で考えたとき、最も重要になってくるポイントと言えば、投資した元本に対して、どれくらいの利回りを得られるのか?という点ではないでしょうか。

下記は、当サイトの編集部にて、各金融商品の期待利回りをざっくりとまとめたものになりまして、ご覧いただきました通り、不動産投資などにはやや劣るものの、運用次第では0~+10%近くの利回りを期待できることから、FXはかなり利回りを期待できる金融商品といって差し支えないかと思います。

資産運用の対象及び方法利回り・金利取引コスト
(売買手数料など)
リスク及び難易度
銀行預金/MMFなど0~0.1%低い
国内海外株式
(個別銘柄の現物取引)
0~5%低~中中~高
株式信用取引0~10%高い(貸し株料など)
投資信託(非上場)0~10%高い低~中
ETF0~5%低い低~中
外貨預金0~5%高い低~中
FX(外国為替証拠金取引)0~10%低い低~中
不動産投資0~20%高い中~高
金(ゴールド)0%低~中中~高
商品(原油、小麦など)0%低~中中~高
国債(個人向け国債、米国債など)0~3%低~中
社債・地方債など0~10%中~高低~中
オプション取引
(指数先物オプションなど)
0~10%低~中中~高
その他
(未公開株、ビットコインなど)
0%中~高

参考/資産運用の利回り・金利を投資対象別にざっくり比較

なぜ、それほど高い利回りが期待できるのでしょうか?

それを理解するには、3つのポイントを抑える必要があります。

1.スワップ金利

FXでは、2国間の金利差から生じる「スワップ金利」と呼ばれる金利収入がありまして、例えば、オーストラリアの通貨である豪ドルと日本円の組み合わせ「豪ドル/円」のペアでは、下記の通り、金利の高い豪ドルを買って、日本円を売るというポジションを作ると、金利収入が日々、発生します。

FXの場合は、金利収入は1日単位での集計となっておりまして、金利差さえあれば、保有している間は文字通り365日分が手に入ることになります。

つまり、一度保有してしまえば、あとは”チャリン・チャリン”と日々、FX口座に入金されるという仕組みで、入金されたお金はもちろん、出金して使うこともできます。(※一部のFX会社によって出金できない場合もあります)

2.高金利通貨

2番目のポイントは、「高金利通貨」になります。

日本の金利水準はバブル崩壊以降、下記の通り、歴史的な超低金利が続いていますが、海外には、日本では考えられないような高金利の国はまだまだあります。

出典:Interest Rates, Discount Rate for Japan -Federal Reserve Bank of St. Louis-

例えば、ブラジル、トルコ、南アフリカ、メキシコ、ベトナム、インドネシア、南アフリカなどインフレ率の高い国を中心に金利の高い国は数多く存在します。(実際にFXで取引ができるのは、トルコリラや南アフリカランドなどに限られています)

また、FX会社も、高金利通貨の人気が高いことから、そのスワップポイントを少しでも高くユーザーに提供しようと“しのぎを削って”いまして、例えば、国内有力FX各社はトルコリラや南アフリカランドのスワップ金利を下記のような数値で提供しています。

 ランド/円(10万通貨)トルコリラ/th>
SBI FX TRADE14072
GMOクリック証券【くりっく365】14072
外為どっとコム8070
セントラル短資10070
楽天FX8070
ヒロセ通商【LION FX】2035
YJFX!130取扱なし
DMM FX130取扱なし
外為ジャパン100取扱なし
GMOクリック証券100取扱なし
みんなのFX100取扱なし
ライブスター証券100取扱なし
マネーパートナーズ50取扱なし
外為オンライン50取扱なし
マネックスFX10取扱なし

ただ、高金利通貨は、インフレが高い他にも、政治や社会問題などを抱えていることが多く、カントリーリスクが高い場合も多いので、その点は十分に考慮して運用を行う必要があります。

参考/スワップポイントが多いFX会社ランキング

3.レバレッジ

そして、3番目のポイントになるのが、FXの最大の魅力の一つである「レバレッジ」です。

レバレッジとは、ご存知ない方に説明させて頂きますと、少ない元手でも大きな金額の取引ができるという「ツール」になりまして、国内のFX会社では上限25倍までのレバレッジが認められています。

例えば、レバレッジ10倍と言いますと、元手が10万円でも100万円の取引ができるということになります。

そして、レバレッジを使うと、金利収入として得られるスワップ金利も変わってきまして、例えば、高金利通貨として人気の高いランド/円をレバレッジ3倍で運用したケースを下記の表にてご覧頂きますと、どれくらいの”威力”があるかをお分かり頂けるかと思います。

 南アフリカランド/th>
運用資金300万円
レバレッジ3倍
買付レート9円
保有通貨数1,000,000通貨
1日あたりのスワップ額+1,300円
1ヶ月あたりスワップ額+39,000円

ただし、レバレッジをかけるということは、為替変動による損失”リスク”も高くなりますので、その点は注意しておく必要があります。

不労所得としてFXを利用するのであれば、レバレッジはどんなに高くても1~3倍以内には抑えておきたいところです。

参考/FXにおけるレバレッジのまとめ

2.手間や時間

不労所得という視点で投資をする場合、その投資に対して時間や手間がかかりすぎるというのは、不労所得の条件を満たしているとは言い難いでしょう。

できれば、ポジションを保有したら、後は”ほったらかし”で収入を得られるというのが理想的な形ではないでしょうか。

その点、FXでスワップ金利を目的とした運用の場合は、目的が為替変動による利益ではありませんので、基本的には、ポジションを作った後は、レートの変動などに一喜一憂する必要なく、悠然と構えていることができます。(低レバレッジの運用の場合に限ります)

ただし、注意しなくていけないのは、スワップ金利の元となっている各国の金利水準です。

先ほど、日本は歴史的な低金利にあると説明しましたが、実は、かつては高金利通貨と呼ばれた、豪ドルやNZドルも本記事執筆時点の2016年5月の段階で、金利はかつてないほどの低水準になっていまして、スワップ金利は以前ほどの水準ではなくなっています。

金利水準は各国の景気動向や金融政策により変動がありますので、その点だけは注意を払っておく必要があります。

とは言いましても、日本が低金利である間は、それほど心配する必要はないかと思います。

3.運用コスト・取引手数料

不労所得という視点で投資を考える際に、重要なポイントの一つになってくるのが、運用コストではないでしょうか。

例えば、投資信託の場合、「信託報酬」という名の運用手数料が毎年発生したり、また、、不動産投資の場合は、持っているだけでも固定資産税がかかり、また空室が出ると広告料メンテナンス費用が必要になってきたりしますが、FXの場合は、一旦保有したポジションに対して追加で「運用コスト」がかかるということは、ありません。

一度保有したポジションは、自分の手で決済するまでは、「運用コスト」はゼロで保有し続けることができるというのは、不労所得の手段としては、かなり大きなメリットになるかと思います。

4.信託保全

個人投資家が何かの金融商品に投資を行うとき、証券会社や銀行、FX会社などを通じて行うことになりますが、その証券会社や銀行、FX会社が破綻してしまったときの資産の保全は重要なポイントの一つです。

例えば、銀行を通じて、外貨に投資を行う「外貨預金」では、銀行が破綻した場合、ペイオフの対象外となりますので、その資産の保全はペイオフの対象内までしか認められないといった形です。

一方、FXの場合は、国内有力FX会社のほとんどが、仮にFX会社が倒産することになっても、提携している信託銀行から、顧客からの預かり資産を全額保全するという体制を取っています。

そういった意味でも、FXはかなり不労所得を得る手段としては、貴重な選択肢の一つと言えるかと思います。

参考/FX口座の安全性について~FX会社が破綻した場合~

5.元本消失リスク

不労所得を得るための投資を考えるとき、最も重要なポイントの一つと言えるかも知れないのが、元本消失リスクではないでしょうか。

株式投資や債券であれば「倒産・破綻」、不動産投資で言えば「災害による消失」などがそれに当たります。

その点、FXの場合、投資対象が一国の通貨であることから、極端なことを言えば、国が無くならない限りは、その国の通貨は無くなりませんので、投資対象として、これほど”手堅い”存在はありません。(正確には、ユーロのように通貨統合などのケースも考えられます)

イギリスのポンドは1600年代から続く歴史的な資産であり、また、スイスフランは別名、”ゴールドよりも固い”と言われているほどその価値が高く評価されていますし、また、USドルは、世界中で使用可能な基軸通貨です。

6.取引の決済期限

不労所得という視点で投資先を検討する場合の重要なポイントの一つとして、「取引期限」も挙げられるかと思います。

例えば、株式の信用取引では、決済期限は約6ヶ月、オプション取引、商品先物取引なども、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月といった取引期限が定められています。

では、FXの場合はどうでしょうか?

一旦保有したポジションについては、自分の手で決済しない限り、いつまでもそのポジションを保有し続けることができます。(保有コストも一切かかりません)

この点においても、FXは不労所得としての条件の一つを満たしていると考えて差し支えないかと思います。

まとめ

「不労所得を実現する手段としてFXは「アリ」か「ナシ」か?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

FXは不労所得を得るための一つの手段に過ぎませんが、選択肢の一つとしては、かなり魅力のあるツールであることを感じて頂けたのではないでしょうか。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

初心者にもおすすめの最狭スプレッド提供のFX会社

つい先日、改めて計算し直してみたところ、スプレッドだけで昨年は196,000円もコストを減らすことができました。

スプレッドが狭い口座にしておいて、本当に損せずに済みました。

学び、備え、生き残るためのFX口座選び

FXをはじめて、かれこれ15年以上。

これまで幾つもの会社で口座開設をしてきましたが、その時代、そのときのトレードスタイルに合わせて口座を選択してきました。

15年以上、相場を生き抜くことができた理由の一つに、トレードの勝ち負けと同じくらいこだわってきた口座選びがあります。

項目押さえておきたいポイント! 
コスト重視タイプ取引手数料とスプレッド!>>詳細へ
スワップポイント派スワップ金利収入がメイン!>>詳細へ
受賞歴で選ぶ今、人気のFX会社から探す!>>詳細へ
1,000通貨単位少額からFXを始める!>>詳細へ
キャンペーンで選ぶキャッシュバックのチャンス!>>詳細へ
分散投資タイプ取り扱い通貨ペアの豊富さ!>>詳細へ
サポート体制で選ぶ24時間問い合わせOK!>>詳細へ
対応口座の数で選ぶFX・CFD・オプションなど>>詳細へ
情報発信力SNSアカウント一覧から選ぶ!>>詳細へ
入金サービスで選ぶ提携先の数や手数料から選ぶ!>>詳細へ
出金サービスで選ぶ出金にかかる時間や手数料!>>詳細へ
取引時間で選ぶサービス開始・終了時間にも差が・・>>詳細へ
スマホアプリ売買チャンスを逃さない!>>詳細へ